2008年12月26日金曜日

TAKE ME I'M YOURS

スクィーズの最初のヒット曲で、その後もずっとライヴの定番として演奏され、このところはグレンとクリス、それぞれのソロでも歌い継がれてきた「TAKE ME I'M YOURS」ですが、この不思議な歌詞も昔から何なんだろうなあと気になっていました。

インタヴュー本「SQUEEZE: SONG BY SONG」によると、スクィーズのアメリカ・ツアー中に、当時のマネージャーだったマイルス・コープランド(ポリスのスチュアート・コープランドの実兄)の自宅に泊めてもらった際、考古学者だったマイルスの母親が世界各地から持ち帰った珍しいおみやげがたくさん飾ってあるのを見たのが、ヒントになっているということです。さらに、世界中をツアーして回るバンドのイメージも重なっているようですね。

そういえば、2年前の東京公演最終日に、グレンが、パソコンの画面(DVD)で演奏するクリスの映像に合わせてギターを弾いて歌い、会場で爆笑と感動の涙を誘っていたのが、まさにこの曲でした。

タイコウチ


「さあ、ぼくはきみのもの」

砂漠をわたりやってきたぼくは
きみに笑顔で挨拶する
乗ってきたラクダは疲労困憊しているようだ
黄金の東洋を横断してきたんだ
ぼくの旅行譚は
ゆっくり話して聞かせるようなものでもない
食事の準備がしてあるようだから
まずはごちそうにあずからせてくれないか

さあ、ぼくはきみのもの
夢はこうしてできあがるものだから
いつまでも永遠に
きみにキスされると天にも上る気分

愉快なベリーダンサーが
ワインを飲むぼくの気をそらす
チベットの山々を越えてきた
すべてがぼくの思い出
小高い丘の原住民とともに
霊的な体験もしてきた
この紙に記してあるのが
ぼくの恐怖と興奮と秘密の記録

素晴らしい歓待をありがとう
きみは全然変わってないね
ぼくはきみの平穏な日常を誘惑する一粒のぶどう
ロマンティックなしぐさも奇妙に見える
明日にはぼくの鷲が空に飛び立つ
ぼくにとっての大切なゲームは
救いのない未来を探し求めること
愛する人よ、ぼくはようやくここにたどり着いたんだ

(訳:タイコウチ)